~ 勉強堂の取り組み ~

環境保全

勉強堂はフォレスト基金に加盟しており、紙袋の購入費の一部が業者を通じ、世界の森林保護活動(ザ・パック)に役立っています。

森林保全活動ザ・パックは、1993年バガスペーパーから始まり1995年からはケナフペーパー、そして1999年にはスイアルペーパー、2002年3月よりは、「アシ」ペーパーを開発し、次々と環境に配慮した素材を商品化いたしております。 又、それらの素材をパッケージにご使用いただいた当社出荷額の一部を環境保全活動基金として拠出して、独自の森林保全及び植林活動を主とした「ザ・パックフォレスト」を設立しています。 運営はNPO法人地球と未来の環境基金(EFF)に委託し、当社社員もボランティアで参加するほか、お客様にもボランティアや一般参加者の募集活動にご協力頂いています。 2001年より岩手県西和賀町、2002年3月より奈良県吉野町、2003年10月より沖縄県恩納村、2004年11月より広島県竹原市、2009年2月より千葉県君津市、2009年11月より大阪府高槻市、2012年3月より埼玉県日高市にて植林活動を続けております。 また、お客様にも積極的にご参加いただける新たなプログラムも設けております。 今後も、お客様、NPO、地元の方々、当社との協働で、地域に合った森林保全活動を続けてまいります。

フォレスト基金の流れ

非木材紙「バガス」「ケナフ」「葦(あし)」などを使用した商品の出荷額の一部を森林保護に役立てる基金です。 地球と未来の環境基金(NPO)が運営しています。